は じ ま り

About the founder

 ヴァーチューズ・プロジェクトは、若者や家族の間で激しさを増しつつある暴力を何とかできないものかと考えた3人の人々によって始められました。それは、心理療法士・企業コンサルタントであるリンダ・カヴェリン・ポポフ、臨床小児心理学者で世界の聖典に造詣の深いダン・ポポフ博士、ショーのプロデューサーでウォルト・ディズニー・イマジニアリング社のディレクターであるジョン・カヴェリンでした。

 世界の聖典を調べた3人は、非常に単純で深遠な事実を発見しました。スピリチュアルな伝統のすべての根底に『美徳』があり、それは人間のスピリットの本質であり、人格の中身そのものであると書かれていたのです。

 これらの普遍的な美徳を52掲載したThe Family Virtues Guide『家族をつなぐ52のキーワード』(太陽出版)が出版され、日常生活の中での美徳の実践を復活させるための戦略が考案されました。それがヴァーチューズ・プロジェクトです。

 ヴァーチューズ・プロジェクトは、特定の宗教の考えを実践するものではありません。世界のさまざまな文化や宗教が共有している単純な叡智に基づいたものです。私たちの中にある最善の資質によって生きようと教えるものです。勇気、名誉、正義、親切、その他の内在的な美徳によって生きることを説くものです。

 一人ひとりの子どもに、導いてくれる師がいて友だちがいる、そんな世界を想像してみてください。親、教育者、医療関係者、警察官、介護士に至るまで、すべての人が尊敬の大切さを教え、親切の美徳を涵養し、誠実の美徳のモデルとなる意思とスキルを持っている、そんな地域社会を想像してみてください。

 ヴァーチューズ・プロジェクトは、世界の約100か国でプログラムやセミナーを行い、家庭・学校・刑務所・企業などのさまざまな状況の中で、“人格に基づいた文化”を形成することに貢献しています。

 1994年の国際家族年に、ヴァーチューズ・プロジェクトはあらゆる文化の家族のためのグローバルなモデルプログラムとして、国連事務局と“都市・企業世界会議”によって推薦されました。

 いま、世界中の学校、実業界、さまざまな宗教団体、刑務所、カウンセリング、麻薬やアルコールからの更正プログラム、また家族のコミュニケーションの中で、ヴァーチューズ・プロジェクトが活用され、目覚ましい変化が おこりつつあります。

 日本でも10年ほど前からこのプロジェクトは行われて きました。2005年、The Virtues Project Educator's Guide『ヴァーチューズ・プロジェクト 52の美徳 教育プログラム』(太陽出版)が大内博の翻訳で出版されたのを契機に急速に広がり始めました。友だちとお茶を飲みながらの話し合い、1時間のミニワークショップ、講演、2日間に わたるワークショップ、塾や大学での授業、カウンセリング、非行青少年に対する指導など、さまざまな形を通して教えが広まっています。なんといっても、まずは自分の 生活の中で美徳に焦点を当てながら毎日を生きる、それが出発点です。

 

このサイトで使用するヴァーチューズ・カードのデザインアイコンは、有限会社 太陽出版の許可を得て掲載しております。転載転用複製はお控えください。

特定非営利活動法人 ヴァーチューズ・プロジェクト・ジャパン - The Virtues Project Japan

© 2015− The Virtues Project Japan (TVPJ) , All Rights Reserved.   http://www.the-virtues-project-japan.org